みておぼろ、さわっておぼろ。新しいおぼろ染めタオル。OBORO[おぼろ]
OBOROイメージ写真
かつては今治、泉州に次ぐ第三のタオル産地として栄えていた三重県。現在は産地としては小さくなりましたが、技術力のあるタオル工場は今も存続しています。
そのうちの一社、三重県の「おぼろタオル」は、日本で初めて「おぼろ染め(捺染)」とよばれる染色方法を開発した、歴史ある工場です。企業や旅館のロゴが入ったタオルによく使われるこの染色は、日本人なら誰でも一度は見たことがあるはず。
lllworks[ルルルワークス]第2弾は、おぼろタオルと協力し、おぼろ染めを使った新しいデザインのタオル OBORO[おぼろ]をつくりました。ボリュームがありながら軽く、さらり、ふわりとした雲のような肌ざわり。毎日お家で使えるスタンダードな厚さのタオルです。
みても さわっても おぼろなタオル。暮らしの中にルルルと気分がよくなるシーンが広がります。